HOME アプリケーション
アプリケーション

No.111 ジカルボン酸の分析(UHPLC)

その他

Column:

Develosil UHPLC C30, 1.6um (2.0x50mm)

Develosil UHPLC C18, 1.6um (2.0x50mm)

Develosil UHPLC C8, 1.6um (2.0x50mm)

Application Data No.111


No.110 リン酸基含有化合物の分析 II (dNTP)

生体

Column:

Develosil UHPLC C30, 1.6um (2.0x50mm)

Application Data No.110


必見!! カラムの接続について

テクニカルレポート

弊社に寄せられる問い合わせの中でも特に多い「カラムの接続」について解説します。

接続の選択は、得られる分析結果に大きな影響を与えます。そのため、どのような種類があって、どれに適しているのかを把握することは再現性の高い結果を得るためのファーストステップです。

Part1では弊社が取り扱う接続タイプの紹介とカラムを接続するためのツールをご紹介します。

Part2では弊社が導入しているシステムを例に、デッドボリュームが起きた際におけるデータの比較とその対処法を紹介しています。

 

カラムの接続 Part_1

 

カラムの接続 Part_2

 


ポスター【新規UHPLC C30カラムによる極性化合物の分析】

発表用スライド・ポスター

学会名:第29回クロマトグラフィー科学会議

会期:2018年11月7日(水)-9日(金)

会場:穂の国とよはし芸術劇場プラット

ポスターは↓からダウンロードできます!!

SCS29_P-11


No.109 リン酸基含有化合物の分析 I (AMP,ADP,ATP)

生体

Column:

Develosil UHPLC C30, 1.6um (2.0x50mm)

Application Data No.109


テクニカルレポートNo.24 「UHPLCを用いるペプチドの分析」

テクニカルレポート

2018年10月23日(火)に発表された「Develosil UHPLCシリーズ」を用いてペプチドの分析を行いました。

 

大きな特徴は、従来までTFAなどのイオンペア試薬を使用してきた分析条件を、ギ酸アンモニウムなどのマイルドな移動相に変更できる可能性があります。

pHを3から7に変えることでLC/MSのネガティブモードにも対応させることが可能となります。

 

是非、カタログと併せてご覧ください!!

Technical Report No.24


[発表スライド] 今すぐ改善!実用的なメソッド開発 -システムとカラムマッチングの重要性ー

発表用スライド・ポスター

第25回クロマトグラフィーシンポジウム

サーモフィッシャーサイエンティフィック様 ランチョンセミナー枠にて発表したスライドをアップいたしました。

 

カラムとシステムのマッチングの観点から弊社が実施している受託分析におけるメッソド開発の一部を公開しています。

 

これからメソッド開発をされる方や、システムを導入される方のご参考になればと思います。

 

スライドはこちらから↓

CS25_Luncheon Seminar


No.108 ジカルボン酸の分析

その他

Column:

Develosil HSR AQ C18, 5um (4.6x150mm)

Application Data No.108


No.107 酸化・還元型グルタチオンの分析

生体

Column:

Develosil HSR C18 Peptide, 5um (4.6x150mm)

Develosil HSR C18 Peptide, 3um (4.6x75mm)

Application Data No.107


ポスター「UHPLCを使用したペプチド・核酸分析における条件検討」

発表用スライド・ポスター

学会名:日本分析化学会 第67年会

会期:2018年9月12日(水)-14日(金)

ポスターは↓からダウンロードできます。

JSAC67_P3039